【詐欺メール注意】プライムという宛名より【プライム会員の満期通知/Primeの会費のお支払いにご指定いただいたお客様のお支払い方法が承認されないため】というメールが来たらボタンを押さないで!【危ない/安全じゃない/フィッシング詐欺】


3|IT

【PR】当サイトのコンテンツはプロモーションが含まれる場合があります。

2023年5月20日土曜日に、Amazonプライムを装ったフィッシング詐欺だと思われるメールが届きました。同じようなメールが来てどうしたらいいか迷われている方は以下を参考に注意して下さい。

メールの内容

以下のメールが届いても、リンクをクリックすることは危険です。
内容を確認しても、日本語がおかしい箇所がいくつかあります。

差出人
プライム ———-@sourcenext.info

表題
プライム会員の満期通知

本文

プライムをご利用いただきありがとうございます。

Primeの会費のお支払いにご指定いただいたお客様のお支払い方法が承認されないため
Primeの会費(税込550円) をご請求することができませんでした。

現在、amazonプライム会員の特典はご利用いただけません。   

3日以内にお支払方法を更新いただけない場合は、 お客様のamazonプライム会員資格はキャンセルされます。   

引き続きamazonプライムの特典をご利用されたい場合、 お支払い方法を更新するには、以下のリンクをクリックしてください。  

【会員ログイン】

詐欺だと思われる項目

差出人のメールアドレスを確認するとAmazonとは関係のないドメインが確認できます。

詳細ヘッダーにはまた別のメールアドレスが記載

ボタンのリンク先もAmazonとは関係のないアドレス

正規のAmazonメールは認証情報が記載

不審なメールを受け取ったら

不審なEメールを受信した場合:

不審なEメールを受信した場合は、メッセージ内のリンクや添付ファイルは開かないでください。開いてしまった場合は、「コンピューターを保護する」をご覧ください。

注: 不審なEメールを受信したと思われる場合は、stop-spoofing@amazon.com(受信専用)宛てにそのEメールを転送してください。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=G4YFYCCNUSENA23B

Amazon.co.jpが使用する差出人Eメールアドレス

Amazon.co.jpでは、主に以下の送信情報を使用してお客様にご連絡をしています。しかし、Amazon.co.jpを装った偽Eメールアドレスでフィッシングやなりすましメールが送信されるケースがあります。Eメールの「差出人」欄に下記に記載されているドメインのいずれかが含まれていない場合は、フィッシングメールやなりすましメールである可能性があります。

注: 下記ドメイン以外の送信情報を使用する場合もあります。Amazon.co.jpが送信したEメールは、メッセージセンターでご確認いただけます。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=G4YFYCCNUSENA23B

差出人のEメール

  • amazon.co.jp
  • amazon.jp
  • amazon.com
  • business.amazon.co.jp
  • email.amazon.com
  • marketplace.amazon.co.jp
  • m.marketplace.amazon.co.jp
  • gc.email.amazon.co.jp
  • gc.amazon.co.jp
  • payments.amazon.co.jp

間違えてURL/リンクを開いてしまった場合

怪しいメールのリンクを開いてしまった場合でも落ち着いて行動しましょう。

まず、迷惑メールの本文にある「URL/リンク」を開いてしまった場合、すぐに開いたページを閉じましょう。

個人情報やログインID・パスワード、クレジットカード情報などの入力は絶対してはいけません!

個人情報など入力をしなければ、詐欺の被害をなくすことが出来ますが、ウイルス感染の可能性は否定できません。

次に、リンクが分かるのであれば、トレンドマイクロ社より無償で提供されている「Site Safety Center」で安全性の確認を行いましょう。

トレンドマイクロによるWebサイトの安全性の評価

念のため、PCのウイルス対策ソフトでマルウェアに感染していないかスキャンしましょう。