【Win11強制更新】Windows11にアップグレードできない非対応CPUの古いPCを強制アップデートする方法【無理やりインストール/アップデート/回避/プロセッサ】


【Win11強制更新方法】非対応CPUの古いパソコンをWindows11へ強制アップグレードする方法【できない/無理やりインストール/アップデート/回避/プロセッサ/22H2】 1|Microsoft

【PR】当サイトのコンテンツはプロモーションが含まれる場合があります。

「Windows10」の延長サポートの満了日は「2025年10月14日」です。

安全にPCを利用するためには、「Windows11」への更新・アップグレードが必要となります。

Windows10のPCは、Windows11へ無料でアップグレードが可能ですが、CPUのスペックなど要件が厳しく、古めのPCはそのままではアップグレードすることが難しい状況です。

今回は、「Windows11」の更新要件を満たさない「CPU非対応や古いパソコン」を、無料で強制的にアップグレードする裏技をご紹介します。

Windows11をオフライン・Microsoftアカウントをスキップして初期設定を行う手順はこちら

\  Office付きも選べる  /

更新手順

要件を満たさないWin10パソコンをWin11へ更新する方法

① マイクロソフト公式サイトより、更新ファイルをダウンロード
② ダウンロードした更新ファイルの一部を修正
③ 修正した更新ファイルを実行して、通常通りWindows11へアップグレード

以上の手順で、データやソフト・アプリに変更なくWindows11へ更新することができます。

Windows10への戻し方も本記事にてご紹介いたします。

システム要件

Windows11へ更新するためのシステム要件はかなり厳しめ。

CPU】
Intel 第8世代~(第7世代の一部)、AMD初代Ryzen~2000シリーズ

メモリ】
4GB以上  ストレージ → 64GB以上

【セキュリティ】
UEFI セキュアブート TPM2.0 

更新要件を満たさないPCは、「Windows Update」で以下のようなメッセージが表示されます。

「このPCは現在、Windows11を実行するための最小システム要件を満たしていません」

「PC正常性チェック」で確認すると、非対応のPCでは「CPU:Core-i5」が対象外となりアップグレードは出来ませんでした。

アップグレードする条件

マイクロソフトの要件を満たさない古いパソコンでも、「Windows11」へ更新することは可能です。

唯一の条件として、CPUが「64bit」に対応している必要があります。

「32bit」CPUを搭載したPCは「Windows11」への更新はできません。
OSが「32bit」でもCPUは「64bit」の場合もありますので確認しましょう。
なお、メーカー非推奨の更新方法となりますので自己責任でお願いします。

Windows11 のダウンロード

Windows 11 をダウンロードする」より、3つ目の項目の「Windows11ディスクイメージ(ISO)をダウンロードする」までスクロールします。

「ダウンロードを選択」→「Windows11(multi-edition ISO)」を選択し、「ダウンロード」をクリックします。

「エラー 現時点ではお客様のリクエストを完了することができません。」と表示された場合はこちら

言語の選択で「日本語」→「確認」をクリック

「ダウンロード」→「Widows11日本語」→「64-bitダウンロード」より任意の場所へファイルを保存します。

ファイル名は「Win11_22H2_Japanese_x64v1.iso」、サイズは約「5.1GB」

ダウンロードしたファイルの中身を確認します。

条件を満たしたPCであれば「Setup.exe」を選択、メニューを進めるだけで「Windows11」へ更新することが出来ます。

非対応PCでそのまま更新を進めると

要件を満たさないPCで「Windows11セットアップ」を進めると、「このPCは現在Windows11のシステム要件を満たしていません」というメッセージで進めることが出来ません。

非対応PCの更新手順

ダウンロードした「Win11_22H2_Japanese_x64v1.iso」をダブルクリックしてファイルを表示させます。

「開く」を選択

ファイルの一覧が表示されます。

新しいフォルダを作成し、先ほどのファイルをすべてコピーします。

ファイルをすべてコピーした「新しいフォルダ」より「sources」を選択

「appraiserrs.dll」というファイルを右クリックして「プログラムから開く」を選択。

「メモ帳」を選択して「OK」をクリック。

文字化けした文字列がメモ帳に表示されますので、すべて「削除」して「上書き保存」します。

この「appraiserrs.dll」というファイルは、PCがWindows11の条件を満たしているかチェックするファイルです。

セットアップを進めますので新しく作成したフォルダの中にある「Setup.exe」をダブルクリックして「Windows11セットアップ」→「セットアップでの更新プログラムのダウンロード方法の変更」を選択します。

「更新プログラム、ドライバー、オプション機能の入手」画面で、「今は実行しない」を選択して「次へ」をクリックします。

「同意する」を選択。

「インストール」を選択すると「Windows11をインストール」という画面よりインストールが始まります。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

インストールが完了すると「Windows11」が立ち上がります。

今回はクリーンインストールではなく、アップグレードを行いましたので「Windows11」で利用していたソフトやデータはそのまま移行されています。

バージョン情報を確認すると、要件を満たしていない「Windows10」のパソコンを「Windows11の22H2」へ更新することが出来ました。

以上で「Windows11」のアップグレードは完了です。

Surface Pro最新モデルをお得な価格で

Win11プロダクトキー購入方法

自作PCや、「Vmware」「Hyper-V」「MacBook上のParallels Desktop」など仮想OSを利用する場合、Windows11のプロダクトキーが必要です。

以下を参考に正規ライセンスをご準備下さい。

Windows 11 Professional

マイクロソフト
¥25,800 (2023/10/08 13:40時点 | Amazon調べ)

Windows 11 Home

マイクロソフト
¥17,600 (2023/10/08 13:41時点 | Amazon調べ)

「Windows10」に戻す方法

10日以内であれば、簡単な手順で Windows10 に戻すことが出来ます。

「Windows」マークより「設定」を選択

「システム」画面を下にスクロールして「回復」を選択

「復元」を選択

以前のバージョンへ戻す理由を適当に選び、「次へ」

「アップデートをチェックしますか?」を「行わない」を選択

「知っておくべきこと」を確認して「次へ」

「ロックアウトされないようにご注意下さい」を「次へ」。
なお、ログインパスワードなど把握できていることを確認してください。

すべての準備が整っていたら「以前のビルド」を選択して元に戻します。

しばらく待つと、ダウングレードが完了してwindows10の画面に戻ります。

FAQ

要件を満たさない古いパソコンでも更新できるのか?
→ windows10の64bit版が動作していればwindows11へ更新すること自体は可能

要件を満たさないパソコンのwindows11アップグレードはライセンス違反ではない?
→ 元々正規ライセンスであれば、問題ない

要件を満たさないパソコンは、Windows Updateを制限されるのでは?
→ Microsoft社は可能性はあると示唆している。

動作が重くなるのでは?
→ Win10とWin11の要件に大きな差はないのでこれまでと同程度の動作感覚

Windows10のソフトは動くのか?
→ Win10とWin11の互換性は高いのである程度は問題なく動作すると思われる。ソフトによっては影響が絶対ないとは言えないので更新は自己責任で。

Officeのお得な購入方法

システム要件が満たされていません

ハードウェア要件を満たしていないパソコンへWindows11を導入したユーザーが、最近のWindows Updateを行った後、「system requirements not met(訳:システム要件が満たされていません)」と警告メッセージが表示されているとアナウンスしています。

Win11のハードウェア要件を満たしていないPCで「system requirements not met Windows11 Pro(システム要件が満たされていません)」のメッセージを消す方法

最後に

マイクロソフトの公式要件を満たさないOS更新は自己責任となります。トラブルに自信のない方はあきらめてパソコンを買いましょう。

Office付のsurfaceを10万円前後で

windows11の中古パソコンを安く買うならこちら

現品限り多数!パソコンがとにかく安い!【パソコン市場】

windows11の高性能ゲーミングパソコンを買うならこちら

新しい Razer Blade 15・世界最小の 15.6 インチ ゲーミングノートパソコン:GTX 1060、第8世代 Core i7 & 16GBのメモリを搭載した15.6インチ高性能薄型ノートPC。

最新オフィスの選び方

パソコンにマイクロソフト製のOfficeを導入したい場合はこちら

PCをお得に買うならリユース品

修理はあきらめて程度のいいPCをお得に購入するなら「中古パソコン」がオススメ。

企業や市役所などで数年間だけ利用したてキレイなパソコンをキチンとメンテナンスした掘り出し物も多くあります。

ワード・エクセル搭載のパソコンが3万円台から
\ Windows11Office付きも選べる  /

パソコントラブル解決方法

オンラインで相談

ココナラならパソコンやソフトウェアの悩みをオンラインで相談することができます。

「IT・プログラミング・開発」のカテゴリで検索してみましょう。

パソコン関係は「ITサポート・コンサル」がオススメ

郵送対応のパソコン修理

PCのトラブルを自分で解決できない場合は、ショップに依頼しましょう。「ドクター・ホームネット」なら、全国どこでも対応でき事前に見積をもらえるので安心です。

【出張/持ち込み/宅配】全国対応パソコンの修理とサポートの受付

【関東エリア】の出張修理ならここ

パソコンの処分方法

壊れたパソコンを処分したいなら、全国対応の送料無料買い取りショップがオススメです。

ショップでもデータ消去してくれますが、自身でデータ消去を行い引き取ってもらいましょう。

【データ消去方法】国内メーカー無料データ消去ソフトDiskRefresher4 SEの使い方

\ 壊れたパソコンも買い取り可能 /