【価格】最新版マイクロソフト正規品officeの選び方とおすすめ購入方法【Microsoft365/Office2021/2019/オフィス/最安/法人向け/買い方/ダウンロード】


【価格】最新版マイクロソフト正規品officeの選び方とおすすめ購入方法【Microsoft365/Office2021/2019/オフィス/最安/法人向け/買い方/ダウンロード】 1 | Microsoft

【PR】当サイトのコンテンツはプロモーションが含まれる場合があります。

Microsoft Office2013の延長サポートは、2023/4/11で終了しました。

買い切り版「Microsoft office」はサポート期間が満了すると、更新ファイルが提供されずセキュリティリスクが高まります。以下のofficeソフトをご利用中の方は注意が必要です。

  • Microsoft Office 2013 personal
  • Microsoft Office 2013 Home & Business
  • Microsoft Office 2013 Professional
  • Microsoft Office 2013 Professional Plus
  • Microsoft Office 2013 Standard

販売済officeのサポート期間は以下の通りです。

バージョンメインサポート延長サポート
Office 2010サポート期間満了サポート期間満了
Office 20132018年4月10日2023年4月11日
Office 20162020年10月13日2025年10月14日
Office 20192023年10月10日2025年10月14日
Office 20212026年10月13日予定なし

本記事では、Microsoft officeの更新・買い替えを検討している方に向けて、購入方法と価格比較ををご紹介いたします。

Microsoft 365 と Office 2021 の違い

Microsoft Office (マイクロソフトオフィス)最新版への更新は、「Microsoft 365」か「Office 2021」のどちらかを検討するのが一般的です。

無料で使えるWEBブラウザ版もありますが、有料であればこれまで通りOfficeをPCにインストールして利用することが出来ます。

「Microsoft 365」か「Office 2021」の大きな違いは契約体系です。

Microsoft 365
サブスクリプション型で、月額や年額で支払いが発生します。

Office 2021
買い切り版で、一度購入すれば永続利用できますがサポート終了期間が決まっており時期が来たら改めて更新する必要があります。

なお、パソコンを購入するときにセットされるofficeは、「プリインストール版」と呼ばれます。

以下の比較表より用途に合ったOfficeを検討しましょう。

★スマホの方はスクロール → →

Office 2021
(永続)
Microsoft 365
(サブスク)
Office 2021
PCセット版
(プリインストール)
形態カード or コード
カード or ライセンス
PC付属カード

買い方買い切り年額 or 月額PC購入時に
付属
利用数1アカウント×PC2台1アカウント×PC5台
6アカウント×PC5台など
購入したPC1台のみ
移行ライセンス移行可能ライセンス移行可能セット購入PCのみ移行可能
更新購入バージョンの
更新プログラムのみ
常に最新版へ更新購入バージョンの
更新プログラムのみ
ポイントサブスクを避けたい今後の主流PC1台なら安価
Microsoft 365とOffice2021の比較

【買い切り版Office】選び方

購入後に更新費用がかからない、買い切り・永続版の最新は「Office2021」です。

Amazonや楽天などのショップでカード版(プロダクトキーが記載されたカードが郵送)とコード版(プロダクトキーが記載されたメールが送付)があります。

★スマホの方はスクロール → →

Office
2021
永続版
(買い切り)
バージョンHome & Business 2021Personal
2021
Professional 2021Home & Student 2021 for MacProfessional Academic 2021
対象全ユーザー全ユーザー全ユーザーMacユーザー教育機関
利用年数買い切り買い切り買い切り買い切り買い切り
Amazon
カード版
参考価格
¥35,553¥32,780¥26,180¥36,218
Amazon
コード版
参考価格
¥32,742¥29,502¥59,202¥22,392¥59,202
楽天カード版
参考価格
¥35,000¥32,780¥26,180
アカウント1ユーザー1ユーザー1ユーザー1ユーザー1ユーザー
台数2台2台2台2台2台
Word
Excel
PowerPoint×
Outlook×
Access×××
Publisher×××
Windows×
MacOS×××
iPad/iOS×××××
Android×××××
OneDrive
1TB
×××××
参考価格は2023年3月1日現在 各Office製品はインストール版

買い切り版で迷ったらコレ!Office Home & Business 2021

一度購入すれば更新費用がかからない買い切り版ライセンスで、WindowsでもMacでも両方同時でも利用できるOfficeは「Office Home & Business 2021」だけです。

「Office Home & Business 2021」はWordやExcelだけでなく、PowerPointも含まれておりプレゼン資料作成も可能です。

価格の安い「Personal版」との違いは、「PowerPoint」と「OneNote」が含まれているかいないかです。

1ユーザーが、WindowsPCもしくはMacなどのデバイスへ2台までインストールできます。

対応OS:Windows 10/11、MacOS
インストール可能台数:2台
アカウント数:1ユーザー
永続利用可能
アプリ:Word/Excel/Outlook/PowerPoint
無料のOneDriveを利用することでドキュメントの共有作業が可能となります。

正規品の購入はこちら

【買い切り版Office】単品価格

「ExcelやPowerPointだけほしい!」というユーザーは、単品購入も可能です。
ただし、ソフトが統合されたOffice製品より割高になる場合がありますのでご注意下さい。

★スマホの方はスクロール → →

アプリAmazon
カード版
参考価格
Amazon
コード版
参考価格
楽天
カード版
参考価格
備考
Excel
2021
¥17,904¥14,652¥17,9031ユーザー
2台のPC
Windows
/Mac
Power
Point
2021
¥17,904¥14,652¥17,9031ユーザー
2台のPC
Windows
/Mac
Word
2021
¥17,904¥16,092¥17,9031ユーザー
2台のPC
Windows
/Mac
Access
2021
¥17,904¥14,652¥17,9031ユーザー
2台のPC
Windows
/Mac
Visio
Standard
2021
¥50,380¥45,342¥50,3801ユーザー
2台のPC
Windows
Visio
Professional
2021
¥95,480¥85,932¥95,4801ユーザー
2台のPC
Windows
Outlook
2021
¥17,904¥14,652¥17,9031ユーザー
2台のPC
Windows
/Mac
Publisher
2021
¥17,904¥14,652¥17,9031ユーザー
2台のPC
Windows
/Mac
Project
Standard
2021
¥105,380¥94,842¥105,3801ユーザー
2台のPC
Windows
Project
Professional
2021
¥158,202¥175,7801ユーザー
2台のPC
Windows
参考価格は2023年4月16日現在 各Office製品はインストール版

【買い切り版Office】の注意点

Microsoft Office 2021 のサポート満了予定は「2026年10月13日」です。

2023年以降に購入すると、3~4年でサポート満了となりますのでご注意下さい。

今後は、サブスクリプション(月額・年額)が主な契約体系になると思われますので、「Microsoft365」製品も検討の一つとすることをオススメいたします。

【買い切り版Office】インストール方法

こちらの記事をご参考ください。

【サブスクリプション型】Officeの選び方

「サブスク」と略される「サブスクリプション型」の契約で、1年間ごとに利用する費用を前払いするレンタルのような契約が「Microsoft 365」です。

Amazonや楽天などのショップでカード版(プロダクトキーが記載されたカードが郵送)とコード版(プロダクトキーが記載されたメールが送付)があります。

なお、法人向けには「Microsoft 365 Business Basic」などのプランがあり家庭向けにはないアカウントの一括管理機能などが含まれます。

★スマホの方はスクロール → →

Microsoft
365
バージョンMicrosoft 365
Family
Microsoft 365 Business StandardMicrosoft 365 Personal
対象全ユーザー全ユーザー全ユーザー
利用年数1年間1年間1年間
Amazon
カード版
参考価格
¥18,400¥17,952¥12,142
Amazon
コード版
参考価格
¥14,904¥14,531¥10,514
楽天カード版
参考価格
¥18,399¥17,952¥12,980
アカウント6アカウント1ユーザー1ユーザー
同時利用台数5台5台5台
インストール
台数
無制限PC/TAB/スマホ
各5台
無制限
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
Access
Publisher
Windows
MacOS
iPad/iOS
Android
OneDrive
1TB
法人向け
Teams
Exchange
SharePoint
××
参考価格は2023年3月1日現在 各Office製品はインストール版

サブスク版で迷ったらコレ!Microsoft 365 Family

2名以上でインストールできるオフィスを利用するなら Microsoft 365 Family が一番お得!家庭でも法人(商用)でも利用可能です。

Microsoft 365 Familyは、1つのサブスクリプション契約で最大6アカウントまで利用できます。

また、1アカウントで同時に5台まで利用できインストールできる台数は無制限です。

単純計算すると、16,560円で30台のPCでPowerPointまで使える正規品のOfficeを1年間利用できます。

2023年3月時点でAmazonオンラインコード版の価格は、16,560円です。

6アカウント利用できるので、1アカウントあたり ¥2,760/年 となります。
月額は ¥230/月 です。

各5台同時に利用した場合、なんと1台 ¥46/月 となります。

なお、OfficeをPCへインストールできる「Microsoft 365 Business Standard 法人向けのライセンス契約」は「¥1,360/月」ですので機能の違いがありますが、とにかくofficeがPCで使えればいい、という場合は大きな価格差となります。

購入はこちらよりお願い致します m(_ _)m

サポートが終了したOfficeを使い続けるリスク

メインストリーム サポートに加え、延長サポートも含めたすべてのサポートが終了すると、仕様変更や新機能のリクエスト、無償サポートに加え、セキュリティの更新プログラムや、有償サポートなど、マイクロソフトが提供する重要な更新を含む、すべてのサポートが受けられなくなります。

セキュリティ リスク

  • 有害なウイルス、スパイウェアの感染
  • 情報漏えいの危険性
  • 更新プログラムの提供なし
  • テクニカル サポートの対象外
https://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/article-office2010-eos.aspx?activetab=office%3aprimaryr13

ヤフオクやAmazonなど非公式激安Officeの危険性

身近なヤフオクやAmazonでは、非公式経由のOfficeが激安価格で販売されています。

価格が安いからといってこのようなofficeを購入すると、インストールができなかったりライセンスの認証エラーになったりとトラブルが多く報告されています。

Microsoftより非正規品のofficeについて見分け方がアナウンスされています。
Pro製品やOffice365、メディア付きのofficeは非公式です。

1. Office Professional Plus や Office 365 を販売している
Office Professional Plus は、企業向けの商品で一般消費者向けには販売されていません。また Office 365 は 2020 年 4 月より Microsoft 365 に名称を変更しています。これらの製品は、すでに利用できない不正なプロダクト キーとセットで販売されているケースが数多く報告されています

2. Office Home and Student、Office 365 Home Premium を販売している
Office Home and Student、Office 365 Home Premium は、日本国内向けには販売されていません。Office Home and Student を購入したが、実際は他のエディションが送られてきて、添付されていたプロダクト キーを使って認証できなかった、という問題が報告されています。

3. 他国語版を販売している
Office は、各国の環境に合わせて商品をご提供しています。他国語版をご購入されても、日本国内では認証されません。購入したが認証できずに利用できない、サポートを受けることができないというトラブルが発生しています。

4. OEM 版、DSP 版と称したエディションを販売している
OEM 版、DSP 版の Office は、一般消費者向けには販売されていません。これらの商品を購入したら実際には他のエディションが送られてきて、認証ができないというトラブルが見受けられます。

5. メディアが添付されている
Office 2021、Office 2019、Office 2016、Microsoft 365 Personal、Microsoft 365 Business Standard にはメディアが添付されておらず、インターネット上からイメージをダウンロードしてインストールするようになっています。マイクロソフトが新しい Office にメディアを添付して販売することはありませんので、メディアが添付されている場合は非正規品となります。

https://www.microsoft.com/ja-jp/office/homeuse/prodinfo.aspx

Microsoftが販売するOfficeの正規パッケージ版は以下の形状です。

安いからといって非正規品を購入してしまい、安物買いの銭失いにならないよう注意しましょう。

officeをもっと安く!互換性ソフトのおすすめ